勝盛眼科

文字サイズ標準サイズにする大きいサイズにする
お問い合わせ TEL 078-411-4143

眼の病気

飛蚊症

 黒いものや糸くずのようなものが飛んで見えることを飛蚊症といいます。いつの間にか見えるようになった、見えたり見えなかったりする場合は近視や加齢によって硝子体の中に濁りがでている生理的飛蚊症であることが多く、放置してもかまいません。

 ある日突然に黒い影が見えるようになった場合は後部硝子体剥離が起こっている場合が多いようです。

 ピカピカ光が走る光視症を伴っている場合もあります。硝子体剥離だけならそのまま置いておいてかまわないのですが、網膜裂孔を形成したり、網膜剥離を起こしていると手術治療が必要になります。眼底出血やブドウ膜炎でも飛蚊症は起こります。

 飛蚊症を自覚した時はその原因を確定するため眼底検査を受けるようにしてください。

ページのトップへ